ワーキングホリデーにおすすめスーツケース 〜頑丈・キャスターしっかり・壊れにくい〜

ワーキングホリデー前は、スーツケース買い直すことをおすすめします♪

買い直さないという人も、時間に余裕を持って荷物を全て詰め、スーツケースのチェックをしっかりして下さいね!

そうでないと、大変なことになりますよ〜

今回は、私の経験を含めて、おすすめのスーツケースをご紹介します!

まさかのスーツケースが前にちゃんと進まない?

もう大変でした泣

パッキング自体は、2週間ほど前から済ませておいたのですが、パッキングしたスーツケースを実際に転がすことはしていませんでした。

その結果家をいざ出て出発した際に、何かスーツケースのキャスターに異変を感じました。

最初は重すぎてきっとまっすぐ進みにくいのかなーと思っていたのですが、やっぱりおかしい、、、

歩きながら、スーツケースを押すと、いろんな方向に勝手に動いてしまうという、、

ですが、もう空港でスーツケース買い換えて詰め直す時間もなく、結局そのままオーストラリアへ来ました。

そこからが、もう大変!

スーツケースがうまく進まないだけで、こんなに大変な思いをするとは、思ってもみませんでした。

今あるスーツケースのチェック

  • パッキングしてから、実際に家の外で押してみる
  • スーツケースのキャスターがちゃんとしっかり動いているか確認
  • 実際に、自分で運べるか練習

この3点は、絶対必要ですね!

この上の写真のスーツケースですが、良く見てみるとキャスターが一輪ですよね。

もうすでに傾いている感じがします。

自分で押すことが不可能だったので、オーストラリアの郵便局でスーツケースごと次の目的地まで送りました。

がやはり自分で持っていくとお金も使わず安く移動できたのに、スーツケースのせいで無駄な出費を出してしまうとは、思ってもいませんでし。

 

なぜスーツケースのキャスターが壊れやすいのか?

「有名ブランドで購入したのに!」

「良いスーツケースって聞いて購入したのに!」

実際に私も、弟が海外で使っていた有名なブランドのスーツケースを貸してもらい、パッキングしてましたが、まさかキャスターが壊れているとは、夢にも思っていませんでした笑

壊れやすい理由

  • 荷物運送時に破損(海外の空港などでは、結構激しく飛行機からスーツケースが下されますよね)
  • 劣化によりヒビが入る
  • ゴミや髪の毛が挟まり、そのまま摩擦で土台から壊れる
  • ちょっとぶつかったところが、劣化で壊れる

そうなのです。

いくら良いスーツケースを購入していても、劣化で壊れてしまっている可能性があるので、しっかりチェックをしてから、使用しましょう!

キャスターが壊れていると、重たい荷物を運時とても大変です。

特に女子の方!

きっと移動がもう嫌になると思います。

移動が多いワーキングホリデーにおすすめスーツケース

ワーホリ中に私が買い直したスーツケースです。

このスーツケース本当に移動の度とても助かっています!

 

選んだポイント

  • キャスターがしっかりしている
  • キャスターが大きい
  • スーツケースのフェイスが頑丈
  • スーツケースの角が頑丈
  • ロックがしっかりしている(2箇所)
  • 8輪

 

スーツケースにシールを貼りたい人などには、ちょっと難しい質感ですが、シンプルに運びやすく、移動が本当に助かりました泣

153cmでか弱い女子でも全然大丈夫笑♪

ワーキングホリデーは、留学とは違い移動がとにかく多いです!

重たい荷物をささーっと運べる頑丈なスーツケースがないと、移動も嫌になりますよ泣

 

 

Sサイズは機内持ち込みが可能な大きさなので、2つ持っていく場合は、お揃いでも良いかもしれないです♪

ちなみに私は、他のブランドの小さいスーツケースがまだ壊れていなかったのでそれを使用していますが、壊れたら修理に出さずにこのSサイズに、買い換えます♪

スーツケースの特徴

それでは、このタイプのスーツケースをおすすめする理由と、特徴を写真付きで分かりやすく解説しますね。

TSAロック

TSAロックって何?

という方多いと思いますなので、Wikipediaより引用して説明します。

TSAロック(ティーエスエーロック)とは、アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁から認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称である。「赤い菱形(TravelSentry 社製)」または「赤い松明(SafeSkies 社製)」のマークが付いている。

〜Wikipediaより引用〜

ということです。

これ何かといいますと、ロックしたままスーツケースを空港に渡すことができるのです

なぜかというと、このマークがあるロックは、運輸保安庁係官の方が専用の合鍵を持っているようで、ロックを外さなくても中をチェックができるため、荷物受け取りの際にはロックがかかった状態で荷物受け取りができます。

*アメリカ合衆国全土

 

合計8輪のキャスターでしっかり安定

これこれ!

これに助かっています。

多少のことでは、一切壊れないので不安定な道が多い田舎などで、スーツケースを運ぶ時も、スイスイ運ぶことができます。

またスーツケースの中にたくさんの荷物を入れて、とても重い状況であってもスイスイ運べます。

 

コーナーパッドがありとても強力

角も重要です。

大半の大型スーツケースは角が頑丈に作られていると思いますが、ここまでしっかりと頑丈に固定されていたら、ぶつかったり落としても、壊れることはほとんどないです。

その他のおすすめポイント

ハンドルが、オートで戻る事も助かっています。

またスーツケース本体自体がとても軽いです!

以前私が利用していたスーツケースは、本体自体が少し重たく、荷物があまり入らなかったの為、結局2つのスーツケースをワーキングホリデーで、持ってきたのですが、こちらのスーツケースとても沢山ものが収納できます♪

 

スーツケースを修理に出してもう一度使う?!

もちろん本当にお高いハイブランドなどでご購入されてる場合は、お修理に出す方が良いと思いますが、ブランドなどを気にしていない場合は、高くても安くても基本は同じと思っても良いかと思います。(壊れてしまう時期は同じ)

なので私は、高いブランドや有名ブランドで購入するよりは、安くてもしっかりとしたキャスターがついて、頑丈なスーツケースを購入し直すことをおすすめしたいです!

 

ワーキングホリデー中のスーツケースストーリー

オーストラリアについて、ブリスベンで2週間ほどゆっくり過ごしたのち、すぐに大移動が待っていたのですが、最初にもご説明した通り、大きいスーツケースのキャスターがうまく動かずに、結局ポスト(郵便局)を使い目的地に配送しました。

移動の際は、小さいスーツケースとリュックのみの移動だったので、なんとか助かりましたね〜♪

その後また移動が決まり、大きいスーツケースはまたポストで配送してもらい移動!

ファーム生活がいったん終わり、彼と台湾旅行へ!

その際に、ようやくスーツケースを買い直しました♪(古いスーツケースは処分しました)

その後オーストラリアに戻って来て荷物が増えたため、スーツケースがまさかの3つに。。。

とまぁこのような感じで、常に移動があるので結局スーツケースを買い直し、本当に助かりました泣

終わりに

いかがでしたでしょうか?!

ワーキングホリデーは留学とは違い、移動がとても多いと思うので、しっかりスーツケースの状態を確認してから、出発して下さいね♪

今回おすすめしたスーツケースは、実際に私がワーホリ中に使用している(現在進行形)スーツケースなので、自信をもっておすすめできます♡

スーツケースが良いか悪いかで、行動範囲と自分の行動意欲が変わると言っても、過言ではないです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP