オーストラリアで痔になった時おすすめの薬

皆さんこんにちは!

今回は、タイトルの通りで痔になってしまった時の薬をご紹介します!

オーストラリアでまさかの痔に〜と焦るかと思いますが、大丈夫です♪

ちゃんと薬局で薬を購入する事ができ、使用して1日で治ります!

Proctosedyl Pharmacy medicine プロクトセディル

こんな方におすすめ

  • 切れ痔
  • いぼ痔
  • 痔核
  • 裂肛

など少しでも痛みを感じる時に、おすすめの薬です!

痔と言ってもいろんな原因で起こります。

よくある原因としては、お腹の調子が悪く下痢が続いたりした時や、疲労ストレスなども原因になったりします。

私の場合は、お腹を下し下痢が6日程続いた時になってしまいました泣

ですが、薬のお陰で1日で治りました♪

日本での薬を使った事がないので、海外で初の薬でちょっと不安でしたが、一瞬で治りました♪

商品の詳しい説明 (プロクトセディル軟膏)

それでは、成分なども含めて詳しく説明していきますね♪

プロクトセディル軟膏の有効成分ですが、塩酸シンコカインヒドロコルチゾンとなります。

プロクトセディル軟膏と坐薬は、痔核(痔核)の不快感や裂肛(涙)などの肛門(後端)の他の痛みを和らげるために使用されます。痔核は、人々が腸を開こうとしているときに緊張したときに生じることがよくあります(排便)。この問題は、常にではありませんが、多くの場合、低繊維食に関連しています。

プロクトセディル軟膏および坐剤には、有効成分であるヒドロコルチゾン、ステロイド、および局所麻酔薬である塩酸シンコカインが含まれています。これらは一緒に働き、腫れ、しびれの痛みを軽減し、かゆみを和らげます。

ただし、医師または薬剤師は、別の目的でプロクトセディルを推奨する場合があります。

公式HPより引用

使いすぎはよくないようで、3日程使用しても改善しないようであれば、病院へいきましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか?!

痔って恥ずかしくてなかなか聞けないですよね。

ですが、3人に一人の割合で実はみんな痔を経験しています!

正しい薬を早めに使い治療するとこで、心配しなくてもすぐに治りますので、もしオーストラリアで痔になった際はこの薬を一度試してみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP