Kmartで買えるAnkoの美白スキンケアラインを正直レビュー 〜プチプラスキンケア・危険成分チェック〜

一年中紫外線が強いオーストラリアで、美白アイテムは必須です。

ですが、日本や韓国に比べて美容アイテムが少ないんです泣

そんな中先日KmartでビタミンC配合のスキンケアラインを見つけました♪

今回はその商品たちを正直にしっかりレビューします!

結果的には、有害成分が全てに含まれていたので、使用を中止したのですが、是非参考に読んでみてください!

Kmartの中に入っているankoブランドシリーズ

Kmartの中でも人気のAnkoシリーズ!

値段が驚くほど安いのに、可愛いのが特徴です♪

そんな中登場したのが、ビタミンCのスキンケアライン

値段が6ドルととても安くて、とりあえずまとめて一度購入してみました!

ただちょっと気になるのが、中国製って事ですね笑

中国製のスキンケアラインを今まで一度も購入した事がないので、あまり良くなければ処分する覚悟で購入しました!

Night serum とDay serum

こちらは、一本6ドルでそれぞれ30mL入っています!

容器は清潔感があり、可愛いですね♡

 

手にとった感じはトロッとした感じです♪

それでは、気になる成分をみていきましょう!

気になる成分

水、プロピレングリコール、グリセリン、ビタミンC、ヒアルロン酸、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース

成分をピックアップしてみました!

ちょっと気になるのが、プロピレングリコールヒドロキシセルロースです。

その中でもプロピレングリコールは、乳化剤としてよく使用されるのですが、肌の老化を早める可能性があるので、最近はあまりスキンケアには含まれていない成分(日本)ですが、海外スキンケアではよく入っている成分です。

肌が強い方は、大丈夫かと思いますが、私の場合少し肌が赤くなったので1日で使用を中止しました。

ん〜残念。

使用感

使用感は、肌につけた後数秒、ベタつきがありますが、すぐにさらっとした肌触りになります!

ビタミンC成分が配合な為、使用後は肌のキメが細くなり少し肌のトーンも上がったような気がしました♪

香りは、オレンジの香りはしないです。

 

Brighten & Firm FACE TONER

まずは成分からみていきましょう!

成分

アクア、グリセリン、アスコルビン酸(ビタミンC)、コラーゲン、デシルグルコシド、ココアンホ酢酸ナトリウム、PEG-40硬化ヒマシ油、フェノキシエタノール、DMDMヒダントイン、柑橘類Aurantium Dulcis(オレンジ)油

 

ということで、トナーにも有害成分発見泣

DMDMヒダントインですが、防腐剤として使用される事が多く、日本では配合量がしっかり決められていますが、欧米などでは普通に使われています。

アレルギーや免疫低下、発がん性など様々な弊害があります。

キャップを外して使用するのですが、蓋を閉める際にこぼれます笑

まー安いだけありますね。

商品自体は、低刺激などで一見すると良い感じなのですが、何%のDMDMヒダントインが含まれているのかが、分からないので使用は1日で中止しました。

オレンジの香りがします!

Vitamin C Day moisturizer 

 ではこちらも気になる成分を確認しましょう!

成分

アクア、パラフィナムリキダム、セテアールアルコール、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、アスコルビン酸(ビタミンC)、コラーゲン、ステアリン酸PEG-LOU、ポリクオタニウム-22、C13-16イソパラフィン、ラウレス-25、DMDMヒダントイン、フェノキシエタノール、グリセリン、カルボマー、柑橘類Aurantium Dulcis(オレンジ)オイル、水酸化ナトリウム。

 

デイクリームの中にもDMDMヒダントインが入っていました泣

という事で、こちらも1日で使用中止しました。

 

香りは、オレンジの香りです!

使用感ですが、モイスチャライザーとしては保湿感が少し足りないです。

使用後数分で乾燥します。

終わりに

というわけで結局全てゴミ箱行きとなりました。

決して今回紹介した商品が悪いというわけではないのですが、日本や韓国のスキンケアマニアだけある為、成分がちょっと気になるという結果でした泣

海外のスキンケアと日本のスキンケアでは、決められた配合量も違います。

肌が弱い人は、購入前にしっかり成分を読んでから買うことをおすすめします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP