オーストラリアで買えるデリケートゾーンの痒み止め

オーストラリアでデリケートゾーンが痒いってなったらなんとなく、心配になりますよね?!

誰に相談したら良いのか分からない〜

と言う方も多いかと思います。

もちろん原因が分からない場合は、病院に行くべきですが、薬局でも薬が売ってあるので、症状が軽い場合は薬局の薬で試してみてください!

 

オーストラリアのフェミニーナ軟膏(Vagisil Pharmacy Medicine)

Vagisil Pharmacy Medicine 

  • ベタつきが少ない、クリームタイプの痒み止め
  • 下着によるかぶれや、生理、汗によるムレなどの痒みに
  • デリケートゾーンの痒み止め(陰部の痒み止め)
  • 痒みが強い方は、使用時に少しスーッとし、しみる可能性があります
  • カンジダの薬ではない為、カンジダの方には効かないです
  • 1日3回塗る

毎日使い続けることは、おすすめしないです。

3〜4日間使い続けて、痒みが治らない場合は病院へ行き検査をしてもらってください!

 

ちなみにでですが、私はこの薬を使う前にまさかのムヒを使いました笑

ご想像通りとってもヒリヒリして痛かったです泣

ですが、痒みはスッとひきましたが、やはりデリケートゾーン用ではない為、念のため薬局で上の薬を購入しました♪

膣カンジダと感じた場合は?!

上のような痒みではない場合、多くの確率で膣カンジダの症状が出ている人が多いです。

そんな時でも薬は、薬局で購入する事ができます!

発症する原因は主にこれ!

膣カンジダ症が現れる原因は?!

  • 体調不良、免疫力が落ちている時…風邪などで
  • 妊娠
  • ホルモンのバランスが崩れている
  • 常在菌バランスの崩れ
  • 高温多湿などの環境の変化
  • 陰部を石鹸で洗いすぎ(膣内のバランスの崩れ)
  • 免疫力が落ちている時に、海やプールに入った

膣カンジダ症は、10代の子供から50代までの女性で4人に1人の割合で経験しています。

また一度かかると、免疫が落ちた際に再発しやすくなりますが、薬局の薬で治すことができます。

上の薬ですが、塗るタイプと膣の中にチューブでいれるタイプ、また飲み薬も薬局で売っています。

 

主な症状は?!薬を購入する前にチェック!

症状チェック!

  • 膣・陰部の痒み
  • おりものが多い
  • おりものが白っぽい(酒かすのような色)…下着につくのですぐ気づくようです
  • 性交痛(今までないが、急に現れる)
  • 痛みのような痒み

 

また、上のような症状がなくても、心配な場合は、セルフチェックができる物も販売されています!

詳細を見る 

 

オーストラリアの薬局で購入できる薬

オーストラリアで買える膣カンジダの薬

  • 膣クリーム:Canesten/Gynazole-1/Resolve Thrush/Nilstat Vaginal
  • 経口抗真菌薬:Diflucan One(妊娠している人は、使用できないです)

上の薬を薬局で購入する際は、住所・電話番号・症状を薬剤師さんに伝える必要があります。

 

 

終わりに

海外で体に異変があったときは本当に不安になりますよね、、

私は最初にご紹介した、オーストラリアのフェミニーナ軟膏で治りましたが、せっかく高いお金を払って保険に入ったので、後日キャシュレスで診断していただける病院に、予約を入れ診察して頂きました!

結果何も異常がなく精神的にもホッとしました。

また私が訪れた病院の先生は、とても良い女医さんで、保険のおかげで無料だからと言う理由で、子宮癌検診などもタダで 受けさせて頂けました!

人生初の癌検診をまさかの海外で、無料でできるとは思っていなかったです笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP