オーストラリアの新型コロナウイルスについて4月1日更新

現在オーストラリアクイーンズランド州在住のリリーです。

今オーストラリアでは、新型コロナウイルスへの感染拡大対策として日々、沢山の決まり事が次々と更新されています。

今回は、在ブリスベン日本国領事館、クイーンズランド・オーストラリアガバメントからの情報を元に今の現状を踏まえて、お伝えしていこうと思います。

 

スーパーが今でも大変なことに!いつも同じ商品が品薄状態。

これはなんの写真かといいますと、普段ならトイレットペーパーが並ぶ棚です。

最初にこのような事が起こり始めたのは、今年の2月中旬頃です!丁度日本ではマスクが完売、トイレットペーパーが完売と騒がれ始めた時期と同じ頃だと思います。

そして4月1日現在もこのような光景は続いています、、

スーパーで入手困難なアイテム

  • ベビー用ウェットティッシュ
  • トイレットペーパー
  • パスタ
  • 小麦粉
  • お肉類
  • パン(安いパン)

 

なんとこのあたりの商品が品薄になっている日が続いています。。

小麦粉がない〜〜〜

小麦粉が全て完売しているこの状況は、よく分からないですが、おそらくオーストラリアでは普段から皆さん小麦粉を使うのでしょうか?!

 

私も先日トイレットペーパーがどうしても必要で、スーパーに行ったのですが、完売しており結局3日後に訪れた際丁度納品の日だったようで、ようやく手に入りました!

ちなみにですが、普通のティッシュペーパーは沢山あります。

約1週間前に、ヴィクトリア州に住んでいたのですが、その際もこのような光景を常に目にしていました。

 

このような事が続くことにより、一度に必要な物を揃える事ができない為、以前は週に1回でよかった買い物も、今では週3〜4で買い物に出掛けています。

また以前より増して、いつもよりスーパー内での人口密度が高いようにも感じています。

そういったことからスーパー側も

  • カートの持ち手をスプレーで除菌
  • 店内をスプレーで除菌
  • レジは、間隔を開けるためにスタッフが誘導
  • 買い物後のお客様にウェットティッシュを渡す

など色々と工夫されています!

 

毎日政府からの情報はしっかり読んで、決まりを守ろう!

オーストラリアでは、毎日といって良いほど頻繁に情報が更新されています。

特に多い時で、1日に5〜6通ほどのメッセージが、日本国領事館から届くなど、州をまたぐ移動を考えている方などは、本当に仕事中も常にスマートフォンをチェックしていました。

私も政府からの急な決定などを受けて、予定がだいぶ変わりました、、

でもこれだけ国民の事を考えているオーストラリアに、今現在住む事ができて本当によかったと思うこともあります。

チェックしたいwebサイト

 

リリー
リリー
googleでは翻訳機能があるので、英語が分からない場合は、googleからウェブサイトに入り日本語に変えて読んでください!

 

ロックダウンの恐怖!!!みんながパニックに、、、

 

もうこれは、察しの方も多いと思いますが、今年の流行語になる事間違い無いだろうと思われる、この「ロックダウン」!

他の国でもロックダウンと言う言葉を良く聞きましたが、オーストラリアのロックダウンで困ったことは、

州別のロックダウンです

私や友達の場合今年前半の仕事先が、もうクインズランドと決まっていた為、ヴィクトリアでの仕事を退職するタイミング、シェアハウスから出るタイミングなど本当にバタバタしました!

ちなみにですが、クイーンズランドのロックダウンは3月26日の夜から、州をまたぐ移動を禁止すると言う形になったのですが、その発表が確か、3月22〜23日に発表され、となると残された時間は3日間と言う状況でした汗

ですが、車で移動予定だった為考えている猶予もなく、発表と同時に、会社や家のオーナーに事情を説明し、準備期間2日と言う短期間で全てを終わらし(車の点検・パッキングなど)移動することがなんとかできました!

会社の上司もシェアハウスのオーナーさんもみんな良い人で、本当よかったです><

とにかくクイーンズランドは、他の州に比べてロックダウン強化が強いです!

 

 

現在オーストラリア国内のコロナ感染人数は?!

 

4月1日現在のコロナ感染情報ですが、

  • ニューサウスウェールズ…2,182人
  • ノーザン・テレトリー…18人
  • クイーンズランド…781人
  • タスマニア…68人
  • ビクトリア…968人
  • オーストラリア首都特別地域…84人
  • 西オーストラリア…392人

合計4860人

引用元:Australian Government 3月31日付 

 

たった約2週間ほどの間で4,611人も増えています。

クイーンズランドもロックダウン前は、少なかったもののその後急激に増加しているように感じます。

 

クイーンズランド州がロックダウンを更に強化(3月30日より)

 

今回3月30日付で更新された情報ですが、

  •  今週金曜日(4月3日)より、クイーンズランドへの入国を希望する人は、国境許可証が必要
  • 非住居者は、オンラインでの適合性を必ずチェックする
  • 公共の集会は2人に制限(個人の家での集まりも含まれます)
  • 60歳、70歳以上の方で慢性疾患のある方、アボリジニの方(50歳以上の方)は、自身の保護の為に家で過ごす事を強く勧める。
  • 買い物・通学・仕事(自宅でできない)・病院(医療サービス)以外は家にいる事

以上の事を守らなかった際は、個人に対して最大で1,330ドル法人に対して最大6,670ドル罰金が課せられる場合があります。

引用元:Australian Governmentとcanberratimesより

*更に詳しい情報は、上で紹介したwebサイトから飛んで読んでみてください!!

 

仕事クビになるワーホリ者続出、ファームはもう定員オーバー?!

現在シティーでお仕事されていた方などは、ほとんどの方が解雇されている状態です。

特に飲食系や、お土産やさんなども、もうお店自体が閉まっていたり、Take outしかダメな場合が多いので、難しいでしょうね。

なので、今ワーキングホリデーで来ている方は、日本に帰国するかファームに移動するかという決断に迫られている方が多いです。

ですが、ファームの方でも取引先のお店がもう閉まっていたり、中国に輸出が難しかったりと、小さめのファームは雇用削減に迫られているのが現状です泣

私もファームを求めて移動していたのですが、「取引先が減った為、シーズンを遅らせる予定」と言われたり、「今空いているポディションが無い」と言われたりという感じです泣

また仕事がなくなったオーストラリア人の方たちもファーム業に切り替えるなど、なかなかファームのお仕事を探すのも難しくなってきています。。

しかしこのようにファーム側もシティーで失業した人たちを沢山受け入れていたら、シティーでロックダウンした意味が無いような気もしますが、、、、

 

アジア人に対する冷たい目線

 

私は、今のところまだそこまで激しい差別的な経験をしていないのですが、友人の話によると、あるワーキングホステル(仕事を斡旋してくれる宿泊施設)では、一緒の部屋になったヨーロッパ人のバックパッカーの方が、アジア人と相部屋が嫌という理由で部屋を変えられたり、またシェアハウスなどでは、他の州から来たという理由で拒否されたり、また中国人という理由で、拒否されたという話を何回も聞きました。

ですが、全ての方がそういった方ばかりでは無いですよ!

中には、家が見つかるまで手当たりしだいに電話して、一緒に探してくれるような、やさしいオーストラリア人の方も沢山いらっしゃいます♡

 

 

何故オーストラリア人やヨーロッパの方はマスクをしないの?!

そうなんです!!!

もう80歳近い方や、小さい子供や赤ちゃんもですが、ほとんどの方がマスクをしていないんです。

マスクしているオーストラリアの方も最近になり、やっとチラホラ見えてきたのですが、マスクと言えば90%の確率でアジア人だけです。

日本やアジアでは今やもうマスクしないで外出なんてあり得ない!

という雰囲気になっているかと思うのですが、オーストラリアでは違います。。

これは、国の習慣の違いでもあるのかもしれないですね〜

 

終わりに

最近オーストラリアでもここ2週間の内に、感染がすごいスピードで拡大してきています。

これ以上感染拡大しない為にも、まずは自分たちで移さない・移されないという事を常に意識し頭に入れ、政府からの忠告はしっかりと守り生活する事が、一人でも多くの命を助けることができる鍵ではないかと思います。

また上でもお話しましたが、クイーンズランド州では罰金までも取り入れ、更に厳しい措置を講じています。

これだけしてもまだ、感染が広がっていくコロナウイルスは本当に怖いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP