バナナパック(疲れたお肌に、若返りパック)

久々の美容記事になります♡

先日久しぶりに、遅くまで友人達とワインパーティーを開き楽しんでいたのですが、化粧を外さずに寝てしまいました泣

20代後半になると、化粧したまま寝ると本当に肌が一気に老化してしまいます!!

恐ろしいです〜

でも大丈夫!そんな、パーティーの後や、肌荒れにとても有効なパック「バナナパック」を今日はご紹介します♪

美容の味方バナナの成分について(美容成分に注目)

 

バナナの成分

  • ビタミンC…風邪の予防、美白、疲労回復効果、肌荒れを治す
  • ビタミンB群…新陳代謝・血液循環を高める、皮膚の抵抗力を高める、紫外線によりダメージを受けた皮膚の修復
  • ナイアシン…小じわ、吹き出物予防
  • カリウム…塩分を排出、筋肉痙攣予防(過度な運動による)
  • マグネシウム…様々な細胞の代謝アップ、老化防止
  • セロトニン…治癒力を高める

他にも、癌の予防ができたりと、バナナには様々な健康・美容効果が隠された魔法のフルーツです♡

 

手作りバナナパックの作り方

バナナの美容効果が十分にわかったところで、私が普段作っている簡単なバナナパックの作り方を説明します♪

 

準備する物

  • 蜂蜜…抗酸化作用のあるポリフェノール若さを保つ作用があるパロチン、アミノサンが含まれています
  • バナナ...写真のバナナは新鮮ですが、普段は熟したバナナを使用してます!
  • ティッシュ…パックした後、バナナの身が落ちないように、ティッシュでカバー!

 

ステップ1、カットしたバナナと蜂蜜を入れる

バナナは、一本丸々は使わず、半分を使っています!!

半分でも十分2回分は使えるので、もう半分はヨーグルトに入れて食べましょう♪

蜂蜜の量はお好みで♪

乾燥がきになる時などは、直接蜂蜜のみを、目尻やほうれい線に塗ったりもしています♡

 

ステップ2、バナナを潰して蜂蜜を混ぜる

 

今回使用したバナナがまだそこまで熟していなかったため、少し固くうまく潰れなかったのですが、ミキサーがある場合は、ミキサーでトロトロになるまで混ぜてもOK♪

残ったバナナのパックは、冷蔵庫に入れ翌日の朝、冷え冷えの状態でパックしてます♡

夜と朝セットですることで、肌もより潤い、生き返ります!

 

 

ステップ3、気になる部分を中心にパックをしていく

 

私は、小鼻の毛穴も引き締めたかったので、バナナをたっぷりつけました笑

この後は、ティッシュ(一枚の薄い分)を顔にそっと乗せて、その上からまた蜂蜜を塗り、完璧にカバーしました♪

だいたい10分を目安に置き、洗顔は冷たい水で毛穴を引き締める感じで洗い流してくださいね♪

私は、たま〜に小鼻の周りを氷でマッサージしたりしています!!

 

まとめ

  1. バナナで顔全体をパック
  2. ティッシュでカバー
  3. 蜂蜜で更にカバー(目尻やほうれい線にはたっぷり)
  4. 10〜15分放置
  5. 洗顔は、冷たい水でサラッと洗う
  6. ニベアだけ顔全体に塗り、潤いを閉じ込める

 

ニベアは、本当に優秀アイテムです♡

自然パックの後は、いろんなスキンケアアイテムは使わず、ニベアだけを塗っていますよ♡

ニベアの成分については、詳しくあげている記事があるので、是非チェックしてみてくださいね♪

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

ニベアクリーム徹底解析 [成分・効果]

 

どんな時にバナナパックをするのが効果的?!

バナナパックは、毎日するよりは、時々する事をおすすめしたいです♪

バナナパックの日

  • 肌が荒れている日
  • 小じわが目立っている日
  • パーティーなどで、アルコールをちょっとたくさん飲んだ日
  • 特別な日の前日
  • 日焼けした日
  • 乾燥がひどい日

ポイントは、朝と夜の2回する事です♡

より効果を発揮できます!

 

 

おわりに

 

バナナパックの後は、蜂蜜の効果もあり、小さい小じわが消えて、一日お肌の潤いが続きます

もちもちしたお肌を手に入れる為にも、ぜひこのバナナパックを試してみてくださいね!

 バナナだけではなく、果物には美容効果を発揮してくれる成分がたくさん含まれています♪

なので今ダイエット中の方、肌・胃腸の調子を整えたい場合には、薬に頼らず、まずは果物で解決を心掛けて見てください♡

次回は、ココナッツのお気に入りボディークリームをレビューしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP