営業・販売(売り上げトップに上り詰める方法)Vol,1

ずっと封印していたのですが、アパレルのお仕事について、ちょっとお話をししていこうと思います。

アパレルと言ってもファストファッションやハイブランド、その中間のブランドなど様々ありますが、今回はその中間のブランドで働くに当たって私が取り組んだ事をちょっと紹介しようと思います!

このシリーズでは、私の前職であるアパレルのお仕事についてなのですが、この知識は営業や他の販売業にも、同じものがあるかと思います。

これからこのシリーズを読む方へ

これからするお話は、もしかすると会社によっては、禁止されている事も含まれているかもしれないです。

実際に自分が働いていた会社でも、ダメとされていたことを私はしていました笑

それは、下の子(新人)に変なプレッシャーを、与えない為でもあるかもしれないですが、これから先本当に、この業界でトップに上り詰めようと決意している人には、参考になるかと思いますので長くなりますが、是非最後まで読んでみてください♡

数回に分けてお伝えしていこうと思います♡

 

 

自分が働くブランドに対しての考え方

まずここが1番のポイントになると思います!

お客様にお洋服をおすすめするということは、自分もそのお洋服やブランドが好きである事が、第一条件になります。

実際に私のお家のクローゼットの中は、全て当時働いていたブランドの服のみです。

パーティーのお洋服から休日のお洋服はもちろん、全て統一して揃えていました!

特に私は、お洋服が大好きなので、値段などもみずに月に多くて、6着ほどは買っていたと思います!笑

実家から通っていたので、できていた事かもしれないです笑

自分が好きな物や趣味ってきっとみんな、色々調べたりしますよね?!

お店でずっとリピートして購入してくれるお客様は、みんな一生懸命働いて稼いだお金を使い、お洋服を買ってくださいます。

そんなお客様の為にも、自分がおすすめするお洋服については、隅から隅まできっちり説明ができ、できるのあれば自分自身もすでに持っている状態が一番信頼を得る事が出来ます!

そこに繋げれる為にも、自分の働いているブランドの事が誰よりも一番大好き!

と胸をはって言える事が重要です!

ここが最初のスタート地点です♡

POINT

  • 自分が働くブランドの1番のファンになる
  • クローゼットのお洋服は、全て自分の働くブランドのお洋服に統一する

 

売り上げトップになるために歴や年齢は関係ない!

アパレル業界だけではなく、他の顧客を持つ業界も全て同じなのですが、歴や年齢などは関係なく売り上げ1位は取ることはできます。

ちなみに私の場合は、入社一年以内で全国売り上げ一位まで上り詰めました♪

ではこれから、売り上げ一位もしくは、上位になれる為のティップを数回に分けて伝授いたします♡

 

 

ティップ1、自分の特徴を自分自身で把握しておくこと!(相手に強い印象を与えられる特徴)

 

お洋服のお話ではないのですが、まず接客に入って行く前に、自分自身の特徴を把握します!

この事は、今後の顧客作りに繋がって行きます。

紙を一枚用意して、自分の趣味や特徴などを箇条書きで書いてみてください♡

最低でも6個は、まずあげてみてください♪

強烈なほど相手に自分の印象を植え付ける事ができます。

 

私の場合ですが、

  • お洋服が大好きで、最近カラーコーティーネーターの資格を取った
  • コスメにはまっていて、コスメコンシェルジュの資格を取った
  • 学生時代海外で英語を勉強していて、今では英会話は問題ない
  • 韓国に数ヶ月住んで、韓国語を勉強した
  • 最近椎茸狩りにはまっている
  • 海外旅行が大好き
  • 彼氏は台湾人(当時の話笑)
  • ハイブランドが好き(このお話は、相手の持ち物をみて話すか判断する)
  • ここのブランドの大ファンで、お洋服は全部ここで揃えているので、誰よりも詳しい

 

この会話は、相手が自分に心を開いた瞬間を見計らい、話していきます!

例えばですが、

お洋服のカラーで悩んでいるお客様がいたら、その瞬間を見計らい、自分の持っている資格をアピールしつつ、実際に相手に合う色を提案していきます!

ここでポイントなのが、「勉強して資格を取ったアピール」と「目でみて比べられるものを用意しておく

ちなみに、写真の2枚の布ですが、この2枚で相手がブルーベースなのか、イエローベースなのかを見る事ができます!

アパレルでお仕事している人は、誰しもが知っていると思いますが、この2枚の布の上に手を置いた際に、シルバーの方が自分の肌が白く感じる人は、ブルーベースです。その反対の人は、イエローベースです!

他にも、手首の血管の色であったり、瞳の色などでも判断は可能ですが、私はこの2枚を常に持っていました♡

何か道具を持ち歩いている方が、信頼度も上がりますよね!

「この人プロだ」と思ってもらえる事が、大事です!

 

私の場合、英語を話せるスタッフがお店にいなかったので、この「英語が話せるスタッフ」というのが自分の1番の武器だったと思います!

「英語が話せるフタッフさんに、前回〜」という話を耳にすると、あ!私の事だ!とすぐ気づく事ができますし、お店の他のスタッフも私の事だと気づく事ができます♪

自分もそうなのですが、一回で相手の事を覚えるっていうのは難しいです。

でも何かしらの強烈な印象があると、記憶にとどめておく事ができると思います。

ここで、何も印象を与える事ができなかったら、きっと2回目に来店して下さっていたとしても、相手も自分も覚えていない可能性が高くなります〜

POINT

  • 相手の記憶に残るような、強い印象を会話の中で挟んでいく
  • 自分自身の特徴を前もって把握しておく
  • 自分の1番の強みを用意しておく(どのスタッフよりも勝るもの)

 

 

自分のキャラクター

これは、徐々に相手が気づいてくるとは思いますが、アピールするのは相手をまず知ってからです!

またアピールも、相手と自分のキャラクターが似ていると気づいてからで大丈夫です。

例えば私の場合ですが、

  • 英語が話せる
  • パーティーが好き
  • 高級なホテルが好き
  • ハイブランドが好き
  • お洋服はいつも綺麗系・エレガント系のみ
  • 休日は、国内旅行、美術館巡り、劇団四季

 

このキャラクターからずれない限り、この趣味に似た方たちが自分の今後の顧客様になっていきます。

キャラクターが似ていると、お洋服を買われる際も強い信頼を寄せてくれます。

もちろん会話も変わってきますよね♪

 

きっと普段エレガント系のお洋服を普段着ないスタッフが話す会話は、

「このお洋服は、お出かけ用やパーティー用としてもとても最近人気なのですよ!」

となると思いますが、エレガント系が好きなスタッフだと(自分の場合)

「このお洋服すごくエレガントでいいですよね♡先日、美術館に訪れた際に私も着て行きました!」

という会話に変化していくと思います♡

私は、ここでそのお洋服を着て、実際に美術館の前で撮った写真を、お客様にお見せしていました♡

 

いつアピールしていく?

  • 相手の服装・持ち物をみて判断
  • 相手の休日の過ごし方をみて判断
  • 好きなブランドを聞いてから判断

やはり、自分の趣味にあった店員さんに、今後接客してもらいたいですよね♡

 

ティップ2、実際に自分が着た写真を用意しておく!(今はInstagramの時代)

お客様に接客していく際に、自分が着てコーディネートしたお洋服は、写真にとって残しておく事が大事です!

口で話すより、見た方がやっぱり納得しやすいですよね♪

私の場合ですが、最初の3年目までは自分のスマートフォンを出し、お客様にお見せしていましたが、4年目から百貨店に移動になったので、会社から配られたタブレットを使いお客様にお見せしていました!

そこで一番役にたったのが、Instagramです!

実際に旅行やお出かけで着ていった、コーディネートの写真をInstagramに乗せ、それをお客様にお見せしていました♡

この際に、Instagramを同時にフォローしてくださる人も4人に一人の割合でいらっしゃったので、そこでも自分の印象をお客様にしっかり、残してもらえる事ができますよね!

自分のプライベートをお客様にも共有することになるということは、頭に入れておいてください!

ただここまで辿りつくお客様というのは、ブランドのファンであると同時に、自分のファンでもあるという意識を忘れないでくださいね♡

(自意識過剰かよぉ〜〜と思うかもしれないですが、それぐらいの気持ちを持っている方が、自分のプロ意識も自然と上がって行きます)

 

SNSアカウントの管理は細心の注意を払いましょう

SNS特にInstagramは今や、企業でもあたり前に使用されている拡散ツールですが、いつどのタイミングでお客様が自分のアカウントを見つけるかは本当にわからないです。

私もお店で働いていた時、私のInstagramをいつも見ていますと行ってご来店してくださった方と出会う事が、何回かありました。

きっと何かのキーワードにヒットして辿りついたんだと思います♡

顧客様を持つ・会社で働くという事は同時に、いつ誰に自分のアカウントが見つかるかわからないと言うことを、頭にしっかり入れ、情報や写真を発信する際は、細心の注意を払わないといけないという事を、忘れないでください♡

リスクを背負いたくない場合は、プライベートアカウントに変更したり、顔を出さないなど、対策を取るようにしてくださいね♡

 

おわりに

今回は、ティップ1〜2までをご紹介しました!

ちょっと長くなりましたが、最初の印象というのは本当に重要です♡

よく最初の第一印象は3秒で決まると言いますが、店内の待機姿勢もいつも見られているので、常に背筋を伸ばして、笑顔でいる事も大事です!

自分は歩くマネキンと思い過ごしましょう♪

そして、お客様との会話が始まったら、しっかり自分を覚えていただけるように、印象が残るような会話を繰り広げていく事が、次に繋がるステップとなります♡

次回は、90%以上の確率でリピートに繋げる方法を共有していこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP